琵琶湖に対する思い入れと”琵琶湖周航の歌”

January 18, 2015

私が初めて琵琶湖を訪れたのは、かれこれ30年以上も前のこと。両親に連れられて、当時住んでいた寝屋川の香里園から京阪電車を乗り継いで、降り立ったのは浜大津。そこから更に遊覧船に乗り継いで、さざ波に揺られながらの船の旅。休日のちょっとした家族旅行だった。まだ外輪船「ミシガン」就航前で、小さなフェリーのような船だった記憶が薄っすらとではあるが残っている。

それからしばらくして、我が家では毎年お盆になると、母方の親戚四家族と連れもって、近江八幡の宮ケ浜にある国民休暇村(現休暇村)に一泊二日で休暇を兼ねて遊びに行くようになった。私がオートバイに乗るようになってからも行っていたので、10年以上毎年恒例のイベントになってたのではないだろうか。しかしその旅行も、やがて私達が社会人となり親離れが進み、いつしか行かなくなった。宮ケ浜の休暇村は今もリニューアルされつつ健在で、なおも多くの人達が余暇を楽しんでいる。

さてさて、家族とは行かなくなってしまった琵琶湖ではあるが、若かった私にとっては相変わらず格好のリゾート地であり、今度は気の合う仲間と連れ立って、やはり毎年、長期の休暇が取れるお盆に遊びに行った。この頃は宮ケ浜のちょうど対岸に当たる近江舞子水泳場に通うようになる。これも何年続いたか、5、6年は続いたように記憶している。だがこれも、各々の転職や結婚、引っ越しが続き、いつしか行かなくなり今に至る。宮ヶ浜に通った親戚家族、近江舞子に通った仲間達と旧交を温める時、当時のことを懐かしく思い出し、また行こうという話になるのだが、残念ながら実現した試しがない(苦笑。あの頃、宮ケ浜でも近江舞子でも、大勢の人が琵琶湖で泳いだり水遊びをしたり、中には、浅瀬を泳ぐ魚を捕まえようとする猛者が居たり、何が楽しいのか、何故か藻を集めて回っている変わり者まで居たわけだが、それとは別に浜で日光浴を楽しみ、また全身にオイルを塗って日焼けを楽しむ若者がたくさん居る後ろで、必ず流れていたのが、加藤登紀子が歌う「琵琶湖周航の歌」。あの情緒的なメロディーと歌詞はもう何度聞いたか判らない程で、ありがたいことに耳にすっかりこびりついてしまって消えることはない。今では心の奥深くに入り込み、過去を振り返る時、琵琶湖を思い浮かべると同時に、自動的にBGMとして脳内再生されてしまうおまけ付きである。幼少の頃、両親と乗った遊覧船でも流れていた。何かにつけて付き纏う歌だ。ひょっとしたら、滋賀県民と同じくらい、自分にとっての心の拠り所になってしまっているかもしれない。さらに悪いことに?、現在では琵琶湖大橋の路面に「琵琶湖周航の歌」のメロディーが刻まれていて、車で大橋を渡ると強制的に聴かされるシステムまで出来上がってしまっているのだから隔世の感がある(笑。滋賀県道路公社によると、時速60キロで橋を渡るとちょうど具合の良いテンポで「琵琶湖周航の歌」が楽しめるとのことだ。そんなこんなで、自ら望んでも居ないにも関わらず、心にデンと居座ってしまったのが「琵琶湖周航の歌」である。

 

さてさて、去年の2月、ふとした思い付きで琵琶湖へ写真を撮りに行こうと思い立った。夜中に堺の自宅を出て、暗いうちから、宮ヶ浜や近江舞子にも行ってみた。どちらも特に大きな変化は見られず相変わらずで嬉しかったし、写真にしてみるととても絵になるのだということを知った。琵琶湖という被写体は時間を選ばないのが良い。季節も選ばない。いつ行ってもいい写真が撮れる。そう悟ってからというもの、何度通っただろうか。最近では毎週末、必ず行くようになってしまっている。何故ここまでハマってしまったのか自分でも理解に苦しむ。ただ、良い写真を撮りたいという気持ちの前に、ともかくカメラを持って琵琶湖を眺めていたいという気持ちが強く働くようになったと思う。写真を撮る撮らざるに関わらず、とにかく琵琶湖を眺めていれば、普段の生活で負うストレスやフラストレーションを開放できるからなのかもしれない。気が付けば撮った写真の数は相当な枚数に上り、ざっと数えてみれば5,000枚近くになってしまって、全く整理が付かなくなっている。それでも自分が撮ったカットを少しづつ振り返りながら、良いなと思ったものはレタッチしつつ生き返らせる作業を進めているが、それよりも速いスピードで新しいカットが増え続けているので、終わりが見えなくなっている。でも、それも含めて全て楽しく感じる。なのでこれからも撮り続けるだろうし、その中から得た成果を披露する場として、このBlogやWebは好都合だった。何枚撮ろうとも、腕が向上しないのはなんとも片腹痛いのだが、撮るプロセス自体に快感を覚えるので非常に質が悪い。

 

これからも拙作ばかりを量産するのは目に見えているが、どうかぬるい目で見守ってやって頂けたら幸いだ。

Please reload

琵琶の詩
Location Hunting Report

今朝の海津大崎

January 11, 2015

1/2
Please reload

Recent Posts

January 11, 2015

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square